WebデザインやWordPressの独学には図書館を活用しよう

WebデザインやWordPressの独学には図書館を活用しよう

Webデザイン

WebデザインやWordPressを独学するために書籍を購入することは多いと思います。
WordPressなどの専門書になると1冊2,000円から5,000円くらいするので、書籍代は結構かかりますよね?

書籍代をケチって学習が進まないのは本末転倒ですが、なるべく出費は抑えたいものです。
そんなときは図書館を活用することで書籍代を抑えつつ独学することができます

僕が独学していた頃の図書館の活用方法を紹介しますので、何かの参考になれば嬉しいです。

カーリルに読みたい本を登録しまくる

図書館検索カーリル

カーリルというサービスはご存知でしょうか?
近隣の図書館と読みたい本を登録しておけば、その本が図書館にあるか検索してくれるサービスです。
登録した本が借りれる場合は「○」、貸し出し中なら「△」、蔵書がない場合は「×」と表示されます。

まずはカーリルに読みたい本を片っ端に登録し、その本が図書館で借りれるかチェックしましょう。
僕の場合は、ステータスが「○」なら即行で図書館に借りに行く、「△」なら貸し出し予約する、「×」ならAmazonでポチるという感じでした。

読みたい本や読んだ本を管理するのにも便利なので、ぜひ一度使ってみてください。

カーリルは全国7000以上の図書館から書籍とその貸し出し状況を簡単に横断検索できるサービスです。
calil.jp

Chromeの拡張機能「その本、図書館にあります。」で蔵書をチェック

その本、図書館にあります。

独学に良さそうな書籍をAmazonで探すことも多いと思いますが、そんな時は「その本、図書館にあります。」というChromeの拡張機能が便利です。

「その本、図書館にあります。」に近隣の図書館を登録しておけば、Amazonの書籍ページにその本が図書館で借りれるか表示してくれます

その本、図書館にあります。のスクリーンショット
公式サイトより引用

Amazonで購入する前に図書館の蔵書をチェックできるので、この書籍を購入しようと思っていたけど図書館で借りられてラッキー!ということもあります。

僕は「カーリル」と「その本、図書館にあります。」で常に図書館の蔵書をチェックしていました。
どれだけ書籍を購入したくないの?って感じですね。

amazonで今、見ている本が近所の図書館にあるかどうかが分かります。
chrome.google.com

貸し出し中の本は貸し出し予約する

カーリルや「その本、図書館にあります。」で「貸し出し中」の本は貸し出し予約しましょう
いつ返却されるか分かりませんし、すでに他の人が貸し出し予約している場合もあります。
図書館によって予約できる数に上限があるかもしれませんが、僕はいつも上限まで予約していました。

ほとんどの図書館はインターネットで貸し出し予約できると思います。
予約していた本が返却されたらメールや電話で知らせてくれるので活用して損はないです。

人気がある書籍は予約人数が10人以上なんてこともあります。
予約人数が多すぎるといつまで経っても借りれないので、あきらめてAmazonで購入した方がいいかもです。

貸し出し期間を延長する

図書館の貸し出し期間は2〜3週間なので、その期間内で書籍を読破するのは難しいです。
読むだけなら可能ですが、何度も読み返しながら独学するとなると時間が足りません。
その場合は本の貸し出し期間を延長するのがオススメです。

借りた本を貸し出し期間中に読めなかった場合、その本を継続して借りることができます。
図書館によってはインターネットから貸し出し期間の延長ができる場合がありますが、一旦返却して再度借りるという手続きが必要な場合もあります。
貸し出し期間を延長するとさらに2〜3週間借りれるので、ゆっくりと独学することが可能です。

ただし、借りている本に次の予約が入っている場合は延長ができないので注意してください。

図書館で本を借りるメリット

図書館で本を借りるメリットは書籍代を節約できることですが、その他にも本を試し読みできるというメリットもあります。

WebデザインやWordPress関連の書籍は当たり外れや、自分に合う合わないということがあります。
せっかく買った書籍が合わなくてイマイチ理解できなかった場合、少しもったいない気になりますよね。

書籍を購入する前に図書館で借りれば、2週間かけてその本が自分に合うか判断することができます
いい本だと思えば図書館で借りた後に購入するのもアリだと思います。
僕も図書館で借りた本を購入した経験は何度もあります。

図書館で本を借りるデメリット

もちろん図書館で本を借りるデメリットもあります。

  • 読みたい本が蔵書にない
  • 読みたい本が貸し出し中で借りれない
  • 本を借りれるのは2〜3週間程度
  • 図書館までの移動時間が掛かる

メリットよりもデメリットの方が多いのでは?って感じですよね。

実際に図書館の本だけで独学するのは無理があると思います。
貸し出し期間に制限があるし、借りたい本を借りたい時に借りれない場合もあるからです。

本当に必要な書籍はAmazonなどでさっさと購入することをオススメします。

まとめ

WebデザインやWordPressの独学には図書館を活用するのがオススメです。
書籍代を抑えることが出来るし、購入予定の書籍を試し読みすることも出来ます

僕がやっていた図書館の活用方法は以下の通りです。

  1. カーリルやChromeの拡張機能を使って図書館の蔵書をチェック
  2. 貸し出し中の本を予約しまくる
  3. 貸し出し期間中に読破できなかった場合は貸し出し期間を延長する

ただし、図書館の本だけで独学するのは難しいと思います。
貸し出し期間に制限があるし、借りたい本が蔵書に無い場合や貸し出し中の場合もあります。
本当に必要な書籍はさっさと購入してどんどん独学した方がいいです。

読みたいけど急ぎでは無い本や、少し気になる本は図書館でどんどん借りてみてください。
予想外のいい本と出会える場合も結構あります。

僕は図書館の雰囲気が大好きなので特に目的なく行くこともあります。
そんな時にいい本に出会える場合もあるので、「最近、図書館に行ってないなぁ」という方はぜひ行ってみてください!