個人でホームページを作る場合の維持費はどれくらい?レンタルサーバーとWixの維持費を解説します

個人でホームページを作る場合の維持費はどれくらい?レンタルサーバーとWixの維持費を解説します

Web制作

ホームページを作りたいけど維持費にどれくらい掛かるのか気になりますよね?

ホームページの維持費は、レンタルサーバーを借りて作るのか、Wixなどのサービスを利用して作るのかによっても変わってきます。
レンタルサーバーでホームページを作る場合と、Wixでホームページを作る場合の2パターンの維持費を解説したいと思います。

レンタルサーバーでホームページを作る場合の維持費

レンタルサーバーでホームページを作る場合は、レンタルサーバーの料金、独自ドメインの料金、SSLの料金が必要になります。
自分でホームページの更新や管理を出来る場合は必要ありませんが、制作会社やフリーランスに管理を依頼する場合は管理費も必要になります。

レンタルサーバーの料金

レンタルサーバーを利用するために必要な料金は月額数百円から数万円とかなり幅があります。
有名どころだとロリポップ、さくらのレンタルサーバー、エックスサーバーなどがあります。
各社の最低利用料金をまとめたのが以下の表です。(2020年7月現在)

サーバー会社月額利用料金
ロリポップ ライトプラン250円〜
さくらのレンタルサーバー スタンダードプラン524円〜
エックスサーバー X10プラン900円〜

ロリポップにはエコノミープラン、さくらのレンタルサーバーにはライトプランというもっと安いプランがありますが、WordPressが利用できないなどの制約があるので除外しました。

レンタルサーバーの利用料金は契約期間が長いほど安くなります。
エックスサーバーの場合、36ヶ月契約だと月額900円ですが、3ヶ月契約だと月額1,200円になるため、なるべく長く契約することで維持費を抑えることができます。

詳しい料金は公式サイトで確認してください。

レンタルサーバーの維持費にかかる費用は、だいたい月額1,000円から2,000円くらいといったイメージです。

独自ドメインの利用料金

ホームページを公開するためには独自ドメインが必要になります。
独自ドメインとはホームページのアドレスのことです。
このブログの場合は「ryob.net」が独自ドメインとなります。

独自ドメインはお名前.com、ムームードメイン、エックスドメインなどのサービスで取得できます。
各社で多少料金に差はありますが、そこまで大きな差はありません。

独自ドメインの料金は「.com」にするか「.jp」にするかなどによって変わります。
詳しい料金は各社のトップページから検索することができます。

ちなみにムームードメインで「ryob」の料金を調べると以下ようになりました。

ドメイン名年間料金
ryob.com1,160円
ryob.jp2,049円
ryob.net720円
ryob.co,jp3,980円
ryob.xyz69円

「.xyz」だと69円とものすごく安いですけど、あまり一般的じゃないドメインは避けた方がいいと思います。
「.com」、「.jp」、「.net」あたりから選ぶようにしましょう。
法人であれば「.co.jp」も取得することができます。

SSLの料金

SSLとは通信を暗号化する仕組みです。
SSLを導入するとホームページのアドレスが「http://xxxx.com」から「https://xxxx.com」に変わり、ブラウザのアドレスバーに鍵マークが表示されます。
セキュリティーの観点から今ではSSLの導入は必須と言えます。

通常であればSSLを利用するためには年間数万円から数十万円の費用が掛かります。
ただし、SSLを無料で利用できるレンタルサーバーを契約することで、SSLに掛かるコストを大幅に抑えることが出来ます。
先ほど紹介したロリポップ、さくらのレンタルサーバー、エックスサーバーはSSLを無料で利用できます。

SSLが有料のレンタルサーバーもありますのでレンタルサーバーを選ぶ際は注意しましょう。

ホームページの管理費

自分でホームページを管理や更新できる場合は必要ありませんが、制作会社やフリーランスにお願いする場合は管理費が必要になります。
管理費は制作会社によって千差万別ですが、月額2万円から5万円くらいが相場な感じはします。
もっと高額の場合もありますし、フリーランスだともっと安い場合もあるかもしれません。
どちらにしろ、月額数万円のコストは覚悟しておいた方がいいと思います。

レンタルサーバーでホームページを作る場合の維持費のまとめ

レンタルサーバーでホームページを作る場合の維持費は以下の通りです。

  • レンタルサーバーの料金 月額1,000円から2,000円
  • 独自ドメインの料金 年間1,000円くらい
  • SSLの料金 無料〜年間数十万円

SSLを無料で利用できる場合は、月額3,000円ほどでホームページを維持することができます

ただし、ホームページは頻繁に更新しますし、トラブルが発生した際の対応も必要になります。
自分で更新や管理ができない場合は、制作会社やフリーランスに依頼しないといけません。
その場合は管理費として月額数万円のコストが掛かります。

Wixでホームページを作る場合の維持費

Wixは誰でも簡単にホームページを作れるサービスです。
最近YouTubeでよくCMが流れるのでご存知の方も多いのではないでしょうか?

Wixは無料でホームページを作れますが、本格的に運用する場合はそれなりのコストが必要です。
では、Wixでホームページを作る場合に必要な維持費を確認していきましょう。

Wixの利用料金

Wixの無料プランはホームページに広告が表示されますし、独自ドメインを利用することが出来ないので、本格的に運用する場合は有料プランを契約しないといけません
2020年7月時点でのWixのプラン料金を表にまとめました。

プラン名月額料金
ベーシックプラン900円
アドバンスプラン1,300円
VIPプラン2,500円

最も安いベーシックプランだと月額900円で利用できるので、レンタルサーバーの利用料金とほぼ同じくらいの感覚ですね。

独自ドメインの料金

Wixで独自ドメインを利用する方法は2通りあります。

  • お名前.comなどで取得した独自ドメインをWixで利用する方法
  • Wixで独自ドメインを取得して利用する方法

Wixで独自ドメインを取得する場合は「.jp」や「.co.jp」など取得できないドメインもあるので注意してください。「.jp」や「.co.jp」のドメインを利用したい場合は、お名前.comやムームードメインで取得しないといけません。

また、Wixの方がドメインの取得料金が割高になるようです。
試しに「ryobstyle.com」の料金をWixとムームドメインで比べてみました。

サービス名ドメインの取得料金
Wix1,800円
ムームードメイン1,160円

Wixとムームードメインではドメインの取得料金にかなり差がありますね。
おそらく更新料金も同じくらいの差があるのだと思います。

Wixで独自ドメインを取得した方が手間は掛からないと思いますが、コスト面を考えるとムームードメインなどで取得した方がお得ですね。

メールアドレスの料金

仕事をする上で独自ドメインのメールアドレスが必要になることがあると思います。
例えば「info@ryob.net」のように@の後ろが独自ドメインになっているメールアドレスです。

Wixはメールアドレスを追加するとメールアドレスごとに月額利用料金が発生します。
公式サイトで正確な利用料金を探せなかったのですが、他で調べたところ1メールアドレスにつき650円の利用料金が発生するという情報がありました。
つまり、10個のメールアドレスを追加すると月額6,500円となってしまいます。

ちなみにレンタルサーバーの場合は、追加料金なしでメールアドレスを追加できます。

「仕事のメールはGmailで十分!」という場合はいいかもしれませんが、独自ドメインのメールアドレスを利用したい場合はそれなりのコストが必要になります。

Wixでホームページを作る場合の維持費のまとめ

Wixでホームページを作る場合の維持費は以下の通りです。

  • Wixの利用料金 月額900円(ベーシックプラン)
  • 独自ドメイン代 年間1800円(.comの場合)
  • SSLの利用料金 無料
  • メールアドレスの利用料金 1メールアドレスにつき月額650円

メールアドレスの利用料金以外はレンタルサーバーの場合とほぼ同じくらいですね。

Wixの維持費にはあえて管理費を入れませんでした。
自分でホームページを作って更新できるのがWixのメリットなので、制作会社などに管理を依頼するならWixじゃなくていいじゃんと思ったからです。

ホームページの維持費のまとめ

レンタルサーバーでホームページを作る場合も、Wixを利用する場合も最低限必要な維持費はほぼ同じです。

  • レンタルサーバーもしくはWixの利用料金
  • 独自ドメインの料金
  • SSLの料金

大体、月額3,000円ほどあればホームページを維持することができると思います。

これに加え、レンタルサーバーでホームページを作る場合は制作会社などに管理してもらう管理費が必要になります。Wixの場合はメールアドレスの利用料金が必要ですね。

ここで言っている「維持」とはホームページを閲覧できる状態にしておくという意味です。
多くの人に見てもらえて集客できるホームページを維持するという意味では無いので注意してください。

集客できるホームページを維持するためには専門家の力を借りる必要があるかもしれません。
その場合はコンサルティングやSEO対策や広告などの費用も必要になってきます。

以上、個人でホームページを作る場合の維持費の解説でした。