エックスサーバーで無料独自SSLを設定する手順

エックスサーバーで無料独自SSLを設定する手順

2020年1月27日
Web制作

SSLとはインターネット上でデータの通信を暗号化して送受信させる仕組みです。
メールアドレスやパスワードなど、重要な個人情報を守るためにSSLを導入しておきましょう。
エックスサーバーでは独自SSLを無料で導入することができます。

エックスサーバーでSSLを設定する

エックスサーバーのサーバーパネルにログインします。
サーバーパネルの「SSL設定」をクリックします。

「独自SSL設定追加」タブを開きます。
SSLを設定するドメインを選んで「確認画面に進む」をクリックします。

SSLを追加するドメインに間違いが無ければ「追加する」をクリックします。

独自ドメインを追加して間も無い場合は、SSLの設定に失敗する場合があります。
失敗した場合は時間を空けて再度設定してください。

SSLの設定が完了するまでは少し時間が掛かります。
ドメイン名の右横の「反映待ち」が消えたらSSLの設定が完了です。

Webサイトを常時SSL化する

エックスサーバーで常時SSL化を設定する場合は.htaccessというファイルを編集します。
.htaccessの編集には専門知識が必要なので、編集する場合は自己責任でお願いします。
WordPressの場合はプラグインで常時SSL化することも出来ます。

SSLを設定しただけでは「https://ドメイン名」と「http://ドメイン名」のどちらでもサイトにアクセスすることが出来ます。
「http://ドメイン名」へのアクセスを「https://ドメイン名」に転送することで常にSSL化したサイトが表示されるように設定しましょう。

エックスサーバーのサーバーパネルで「.htaccess編集」をクリックします。

常時SSL化するドメインの「選択する」をクリックします。

.htaccess編集タブを開きます。
下記の常時SSL化用の記述を追加して「確認画面に進む」をクリックします。

すでに他の記述がある場合は、その記述を削除せずに常時SSL化用の記述を追記してください。

RewriteEngine On
RewriteCond %{HTTPS} !on
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R=301,L]

「実行する」をクリックして完了です。

SSLが有効になっているか確認する

「https://ドメイン名」でWebサイトにアクセスしてみましょう。
ブラウザのアドレスバーに鍵マークが表示されていればSSLが有効になっています。

まとめ

Webサイトを訪れてくれる方の個人情報を守るためにも、SSLの導入は必須だと思っています。
本来、WebサイトにSSLを導入するためにはコストが掛かります。
エックスサーバーであれば無料でSSLを利用することが出来るので、SSLを導入することをオススメします。