イラストが描けないとWebデザイナーになれないの?

イラストが描けないとWebデザイナーになれないの?

Webデザイン

Webデザインの仕事をしていると「イラストが描けないとWebデザイナーにはなれませんか?」と聞かれることがあります。
Webデザイナーは何となくイラストも描けるというイメージがあるみたいです。

結論としては、イラストを描けなくてもWebデザイナーにはなれます!

もちろん、イラストを描けるWebデザイナーもいますが、イラストを描けないWebデザイナーも多いです。
僕も趣味でイラストを描いてた時期はありますが、現在はほとんどイラストを描くことはないので、描けないに等しいです。

なぜイラストを描けなくてもWebデザイナーになれるのか、僕の経験も踏まえて解説します。

がっつりイラストを使う案件が少ない

僕の場合に限っては、がっつりイラストを使う案件に携わることがあまりありませんでした。
ほとんどの案件では写真が主体で、イラストを使うとしても一部のパーツに使用することが多いです。

どの様な案件に参画するかによって差はあると思いますが、全体的にイラストよりも写真を主体としたWebデザインの方が多いと思います。

素材サイトでイラストを入手できる

イラストを主体としたWebデザインは少ないとはいえ、バナーやアイコンにイラストを使うことは多いです。
その様な場合、僕は素材サイトからイラストを入手しています。

僕がよく使っているイラストの素材サイトはイラストACです。
無料プランでも1日9点の素材をダウンロードすることが出来ます。
有料プランを契約すると、ダウンロード数の制限が無くなり、姉妹サイトの写真ACなど複数のサービスの有料プランを利用できるので大変お得です。

イラストACの様な素材サイトから入手したイラストを組み合わせて、バナーやアイコンなどを作成しています。

イラストは外注することができる

素材サイトから入手できるイラストはオリジナリティを出すのが難しいです。
見る人が見れば、素材サイトのイラストを使っているのがバレバレという場合もあります。
実際に人気のあるイラスト素材は色々なサイトで見かけることがあります。

また、クライアントの意向に合うイラストが、素材サイトでは見つけることができない場合もあります。

その様な場合でも自分でイラストを描く必要はなく、外注でイラストを依頼してしまえばOKです。
外注の費用は掛かりますが、その費用はクライアントに相談しましょう。
僕の場合は、費用を掛けてオリジナルイラストを使うか、費用を掛けずに素材サイトのイラストを使うは選んでもらうこともあります。

クライアントからイラストを支給される場合もある

クライアントが用意したイラストを支給される場合もあります。
クライアントがイラストレーターと擦り合わせて用意したイラストなので、クラインとのイメージ通りのイラストが送られてきます。
多くの場合、IllustratorかPhotoshopのデータで支給されるので、そのデータを利用してWebサイトをでざいんします。

僕の場合は、支給されたイラストのクオリティが高いと、Webデザインのアイデアが膨らんで楽しい仕事になることが多いです。

Webデザイナーはイラストを描けても意味はない?

イラスト描けなくてもWebデザイナーになれる理由を紹介してきましたが、Webデザイナーはイラストを描けても意味はないのでしょうか?

そんなことはありません!イラストを描けると武器になります。

前述しましたが、Webデザインではバナーやアイコン、ロゴなどにイラストを使う機会は多いです。
素材サイトなどのイラストで対応はできますが、オリジナルのイラストを使えるのであれば差別化になります。
きっとイラストを描けるWebデザイナーは社内でも重宝されるはずです。

ただし、漫画やアニメの様なイラストはあまり使う機会がないかもしれません。
デフォルメしたシンプルなイラストや、おしゃれな線画などの方がよく使われると思います。

Webデザイナーはイラストの練習をした方がいいのか?

では、Webデザイナーはイラストを描ける様になった方がいいのでしょうか?

僕の意見としては、まずはWebデザインの勉強に集中した方がいいと思います。

当たり前ですが、Webデザイナーの主な仕事はWebデザインです。
自分のWebデザインのスキルに充分満足している場合は、イラストの練習に時間を割くのもいいと思いますが、そうでない場合はWebデザインのスキルアップに集中した方がいいと思います。

まずはWebデザインのスキルを身につける。
その後、イラストが好きであればイラストのスキルも身につける。
といった感じがオススメです。

ちなみに、イラストに全く興味ない場合は無理に練習する必要はありません。
Webデザイナーの仕事はデザインだけでなく、コーディングやプログラミングにまで及ぶ場合があります。
イラストではなく、コーディングなどの学習に時間を費やすのも大いにアリです。

【まとめ】イラストを描けなくてもWebデザイナーになれます

Webデザイナーになりたいけど、イラストを描けないので不安に思っている方は安心してください。
イラストを描けなくてもWebデザイナーになることは出来ます。
その理由は以下の通りです。

  • Webデザインはイラストより写真が主体の場合が多い
  • 素材サイトでイラストを入手することができる
  • イラストを外注することができる
  • クライアントからイラストを支給されることがある

イラストを描くのが好き!という方は、そのスキルをWebデザインに活かすことができます。
バナー、アイコン、ロゴなどイラストを使う機会も結構あります。

イラストを描けない方も描ける方もWebデザイナーになることはできます。
一番大切なのは、当たり前ですがWebデザインのスキルです。
まずはWebデザインのスキルアップに集中してWebデザイナーを目指しましょう。

以上、イラストが描けなくてもWebデザイナーになれる理由でした。